フレッツ・ミルエネの解約顛末

1012年にNTT東日本が提供している「フレッツ・ミルエネ」というサービス電力見える化サービスを使い始めた。

フレッツ・ミルエネ 管理画面
フレッツ・ミルエネ 管理画面

節電に興味があり、どのようなデータが取れるのかと思って使い始めたのだが、

  1. 実際の電力使用量と微妙に異なる(東電側はアナログ集計なので仕方ない面も)
  2. お得な電力契約の推奨機能もあるが、ここまでしなくて分かる程度の内容
  3. 個別の電力測用電源タップが1個しか無いので、あまり参考にならない

という状況で、使っている事自体、忘れていた。

久しぶりに Webの管理画面 を見たら、分電盤計測器のバッテリーが無くなっていて、データを取れていない事が分かったので、解約する事にした。

フレッツ・ミルエネの配電盤計測器の電池
フレッツ・ミルエネの配電盤計測器の電池

電池は普通の単三電池3本。

解約しようと思ってフレッツ・ミルエネのサポート窓口(0120-543-636)に電話したが、要領を得ない。話が二転三転した後分かった事は、「環境共創イニシアチブの補助金を受けているので、環境共創イニシアチブの承諾が無いと解約できない」という事だった。環境共創イニシアチブ は平日しか営業していないので、平日の昼間に電話するしかない。

数日後、NTT東日本のサポート窓口から教わった電話番号に掛けると、「その電話番号は現在使われていません」と言われる。。。乙

結局自分でググり、「執行終了した事業について」のページにあった「HEMS機器導入支援事業」の窓口番号「03-5565-4655」(受付時間:平日 10:00~12:00、13:00~17:00)に掛けたところ、職員っぽい男性が丁寧に応対してくれた。

要約すると

  • 平成23年度 エネルギー管理システム導入促進事業費補助金(HEMS導入事業)のページにある「計画変更承認申請書」を記載の上、「一般社団法人 環境共創イニシアチブ 事業推進担当」へ郵送する。
    解約する事を「計画変更」と言うらしい。同じページに解約する時の書き方の例もあるので、真似すればOK。
  • 計測用の機器は5年間は「一般社団法人 環境共創イニシアチブ」の資産なので、利用者は捨てずに保管しておく必要がある。5年経ったら捨てるなり、好きにして良い。
  • 「計画変更承認申請書」の受け取りを通知はしないので、郵送したら、NTT東日本に解約を申し込んでよい。

という事だった。

という訳で、「計画変更承認申請書」を郵送した数日後、NTT東日本のサービス解約用電話「0120-116-116」(プッシュホンでの選択番号ではその他の「6」を押す)に掛けて、無事フレッツ・ミエルネの解約を完了。

たったこれだけの事で、何日かかった事か。器材購入費の補助金申請も沢山書類を書いて面倒だったが、解約も面倒だった。

フレッツ・ミエルネの計測機器一式
フレッツ・ミルエネの計測機器一式

電力を計測するだけのために無線LANの機器が加わる事で増える消費電力を考えると、あまり意味が無いのでは?と思う。こういう補助金が絡むサービスは二度と申し込まないぞ。

ハイレゾに関する記事を別ブログに集約中

色々忙しくて中々更新できずにおります。

このところハイレゾに少々はまってます。まだまだ情報が偏っていたり、実際に音が良くなるのかどうか曖昧だったり、怪しい話も少なく無かったり、ややマニアックな世界ではありますが、何となく全体像が見えてきたので、別ブログ「http://hi-res.koss.jp/」にまとめ中。

ハイレゾにはまっていると言っても、高っかい機材を買い込んで実験君したりはもうしない/できない(笑)ので、リーズナブルかつカジュアルに良い音を楽しむというノリです。

よろしくお願いします。

旅行に最適な超小型カメラ Lumix DMC-GM1(その3)

今回やや長旅だったので、その間にあれこれいじって使い方がある程度固まって来たので、そのあたりをメモ。

まず非常に小さいのでグリップしにくい事の対策として携帯用のストラップをつけた。これで握り損ねても落下を防げるので安心。

DMC-GM1 に携帯ストラップをつけると良い感じ
DMC-GM1 に携帯ストラップをつけると良い感じ

かつ、手の甲と引っ張り合ってグリップも安定する。

携帯ストラップで、グリップも安定
携帯ストラップで、グリップも安定

右手親指が液晶画面に触れるとそこにフォーカスが来てしまうという課題は残るが、慣れで何とかなる。液晶のタッチをOFFにもできるが、それはそれで不便。

液晶タッチでフォーカス、拡大等が可能
液晶画面のタッチでフォーカス、拡大等が可能

スワイプで画像送りも
スワイプで画像送りも

撮影時に液晶画面をタップするとフォーカス位置や露出基準点を設定できるし、再生時に画面の拡大やスワイプ送りもできる。スマートフォンと同じUIを使えるので、スマホとの同時使用時の違和感が非常に少なくなるのが良い。なので、液晶のタッチ機能はONのまま使った方が便利と思う。

また、小さいボディーに結構物理ボタンが配置されているのだが、その選択と配置が絶妙。

続きを読む 旅行に最適な超小型カメラ Lumix DMC-GM1(その3)

旅行に最適な超小型カメラ Lumix DMC-GM1(その2)

Lumix GM1 の良いところはレンズを交換できるシステムカメラなところ。交換レンズもコンパクト。

DMC-GM1 & X Vario 45-175mm

旅行に交換レンズとして持っていくのであれば、Lumix G X VARIO PZ 45-175mm は良いかもしれない。殆どのシーンでは、キットレンズの G Vario 12-32mm でOKだが、偶に風景の一部を切り取りたくなる時がある。偶にしか使わないのに大きくて重いレンズを持っていくのは悩ましくなるが、この 45-175mm は非常にコンパクトで軽いのが良い!

175mm

散歩していて気持ちよさそうに走っているヨットを見かけたが、望遠で無いと切り取れない距離だったので、レンズを交換して撮影した。35mm(フルサイズ)換算で 焦点距離=350mm 相当の画角で切り取れるのにこのサイズなのが素敵!

続きを読む 旅行に最適な超小型カメラ Lumix DMC-GM1(その2)

旅行に最適な超小型カメラ Lumix DMC-GM1(その1)

Nikon D800E の高解像力は非常に魅力的なのだが、D800Eの解像力を生かせるレンズも含めると、非常に大きくて重くなってしまうのが難点。特に足での移動が多い場合は、もっと身軽にしたい。そういう場合に最適なカメラが去年の11月に出た。Panasonic の Lumix DMC-GM1 だ。Pentax Q 並の小型ボディーに Micro 4/3 の撮像素子を持つ、これぞミラーレスと言いたくなるデジカメ。

DMC-GF1 & DMC-GM1
DMC-GF1 & DMC-GM1

マイクロフォーサーズの初期モデルの DMC-GF1 も出た時はコンパクトだと思っていたが、それをはるかに凌駕するコンパクトさ。そしてこんなに小さいのに、性能に妥協が無いのが良い!

iPhone 5s のカメラもかなり進歩したが、画角が足りないと感じる事が少なくないので、やはりレンズ交換可能なデジタルカメラは捨てられない。そういう人にピッタリなスペックを持つ秀逸な企画に思わずゲット。

DMC-GM1_12-32

GM1のキットレンズ「G Vario 12-32mm f/3.5-5.5」も沈胴式で持ち運び時にはかなり薄くなるため、パッと見レンズ交換式デジカメには見えないくらい小さい。

G Vario 12-32

広角端の樽型歪曲収差は大き目だが、焦点距離 12mm なので、仕方ないでしょう。

とにかく空気感が良く出るのが良い。

続きを読む 旅行に最適な超小型カメラ Lumix DMC-GM1(その1)