LED小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」レビュー(その2)

このエントリーは、以前のブログで2011年に書いたものを移植。いまだにGoogle経由で来る方が多いので。。。

以下、転載。


今回「NP-L50WJD」に一番期待していたのは、iPad2の外部ディスプレーとしての使い勝手。

▲三脚にセットした NP-L50WJD 原寸写真

旅行先等で使う場合、三脚にセットして壁に映すような使い方が多くなると思う。昼間撮影した写真を拡大表示したり、動画を再生したりするというイメージ。

▲iPad2の画面をミラーリング表示 原寸写真

iPad2の仕様で、若干額縁付状態になるが、表示画質は良い感じだ。写真表示も中々綺麗だった。

動画は、huluでチェック。先月日本でもサービスが始まった hulu は、主に北米のTVドラマ&ハリウッド映画を月額 1,480円で見放題というオンライン動画配信サービス。しかも、音声はマルチトラックのサラウンド音声対応。

▲huluでは、映画が始まると若干額縁が大きくなる 原寸写真

映画が始まると、若干額縁部分が大きくなるが、投写距離を長くして物理的に拡大すれば問題なし。単焦点レンズをつけたカメラで撮影する際は、トリミングするために自分が前後に動くのと同じ事。ズームに慣れるとつい横着してしまうが、このくらいの努力を惜しんではいけない(笑)。

あるいは、オーバースキャン値を大きく(初期値2→3にする)すると画像が拡大されるので、オーバースキャン+距離を延ばして物理的に拡大の合わせ技でOK。


次に、天井に投写してみる。

▲三脚を出来るだけ床に近付ける 原寸写真

NP-L50WJD」を天井に向けて投写する際、よほど天井の高い家でなければ、距離を稼ぐために床にできるだけ近付けてセットするのがポイント。地べたに這いつくばって撮影する用途に対応できるタイプの三脚は、このようなセッティングが簡単にできるので便利。

▲天井に投写 原寸写真

我が家の天井は白い壁紙だったせいか、結構綺麗に映写できた。hulu の動画もちゃんと楽しめる。ソファやベッドに寝転がって映画を鑑賞できるのは、360度どの角度でも使えてしまう「NP-L50WJD」ならではの楽しみではないだろうか?

良い時代になったものだ。素晴らしい!


続く


追記(2011/10/31)

▲ブロガーインデックスページ 

アイティメディア+D PCUSER のブロガーインデックスページに掲載された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA