Onkyo HF Player + iFI nano iDSD でハイレゾ再生したらもっと良い音でびっくり(その1)


ハイレゾ関連の訪問者が増えたので、ハイレゾ、HF Player、iFi nano iDSD 関連の記事を別ブログ Hi-Res Fan に系統だててまとめた。興味のある方はどうぞ。


Onkyo HF Player の本当の実力はハイレゾ音源をハイレゾDACで再生しないと分からない。ハイレゾ対応のDACは色々出ているものの、殆どがPC/Macから出力するもので iPhone/iPad 対応を公式に表明しているものは少なかった。Apple が公式にハイレゾ対応を認めていないので仕方ないとは思うが。

そんな中、昨年末に発売された iFI というブランドの nano iDSD というポータブルヘッドフォンアンプ(ポタアン)兼DACが話題になっていた。が、製造が追いつかず?なかなか入荷しない状況が続いていたのだが、ようやく手に入るようになったので、ゲット。

iFI nano iDSD

世間ではポタアンとして評価されているようだが、荷物を増やしたくないおいらとしては、これを持ち歩く気はない。あくまでインドア用ハイレゾDACとして使う。

iDSD+iPhone5s

厚みは別として床面積はスマホ並みでコンパクト。生活空間にデジタルもので大きなものを置きたくない人には最適、と思う。

iDSD_Effect

「ハイレゾ」というのはかなり漠然とした言葉で、色々なフォーマットがある。ただ目的というか効用は同じ。何がメリットかというと、
(1)音の解像力があがり
(2)ダイナミックレンジが広がる
ことといえる。そのことをイメージでわかり易く示すイラストがパッケージの裏に書かれていたので引用。

音の解像度があがると、目の前で演奏している様子がよりクリアに「見える」ようになる。

CD時代になって、実はCD以前の時代より音質は悪くなっていた。アナログ(LP)時代の方が音が良かった。ただし、それなりの装置を使ってきちんとセッティングした場合の話。安い適当な装置を適当に置いただけでは、かなりプアな音しかしなかった。その差は激しかったが、投資(笑)金額とかける手間にほぼ比例して音は良くなった。

学生時代良く行っていたオーディオショップには一人では持ち上げられないような重いレコードプレーヤーや真空管アンプ、タンスのようなスピーカーが鎮座ましましていた。そこから出る音は、目の前で演奏しているような感動を得られるものだった。

ところが、CD時代になって安価な装置の音質が劇的に向上。アナログ時代よりコストパフォーマンスははるかに良くなった。たぶん普通に音楽を楽しむのであれば必要十分な環境が手軽に手に入るようになったのだ。

ただし、CDフォーマットの制限で、オーディオのオーディオたる部分の音響データを省略してしまったので、それ以上を求めるのがかなり困難な状況に。

そこから音質を上げるには相当の投資と手間が必要になってしまい、普通の人はそこまでの投資も手間もかけられないので、オーディオは相当ニッチな趣味となってしまったのだ。おいらもそれ以来ほぼ興味を失ってしまっていた。

かなり遠回りした感もあるが、最新のデジタル技術のお蔭で「手軽に」あの感動を味わえる可能性が出てきたのだ。

それがハイレゾなわけだが、ハイレゾにも大きく分けて二つの考え方があるようだ。CDの方式をそのまま拡張(キメを細かくして解像力を上げる)PCM系。

アナログ信号をデジタル化する方式自体を変える1bit(DSD)系。これはアナログ信号をそのまま分解するようなタイプ。

この差がどのように出てくるのかも、楽しみなところ。

さて、…


高画素のデジカメの画像を100%拡大表示すると肉眼でも見えないようなディティールまで見えるように、高解像度に分解した音も細かい音まで聞こえる。これは、大きな音と小さな音の幅を同時に記録できるようになったから可能になった事。

言い換えると、ハイレゾでは、CDでは記録できなかったような小さな音も記録できるようになった。これが最も大きな違い(iDSD のパッケージで「Dynamic Range」の値が大きくなっているとグラフ化されているのはそういう意味)。

いろいろな記事を読むと、再生可能な周波数の帯域が広がった事を最大のメリットと書いてあるように読めるものが少なくない。もちろんそういうメリットもあるが、それよりダイナミックレンジが広がった方がメリットは大きい、と思う。

ただし、音量の大小差(ダイナミックレンジ)が本当にあるのは、生楽器の演奏。PAを通して聞くような音楽は「音量が全体的に大きいだけ」でダイナミックレンジは狭いのだ。

なので、自分の好みも交えて、e-Onkyo から二つほど購入した。Holly Cole の「Night」と日本JAZZのオーディオリファレンス「メモリーズ・オブ・ビル・エヴァンス」。前者は DSD(DSF 2.8MHz/1bit)、後者は PCM(WAV) 96kHz/24bit。

iDSD+iPad2

それにしても、ハイレゾはフォーマットが乱立していて、浦島太郎状態のおいらにはどれがどういう性格なのか理解しにくかった。

ただ、ひとつ言える事。iFI nano iDSD は殆どのハイレゾフォーマットに対応している優れもの。26,000円前後なのに、これはすごい。これについては次の記事で備忘録も兼ねて整理する予定。


nano iDSD は使い方に若干癖があり、iOSデバイスで使う場合は iDSD 側の電源を入れて(=バッテリー駆動モードにして)から iPhone/iPadにつなぐ必要がある。たまに音が出ない事があるが、その場合は一旦USBケーブルを抜き、iDSD の電源を入れなおしてから再度USB接続し直すと音が出る。

「演奏用/計測用切り替え」のような使い道不明なスイッチは省いて、バッテリー駆動モードとUSBバスパワーモードの切り替えスイッチを付けた方がよかったように思う。

また、電源を入れたばかりだとアレ?と思うような音が出るが、30分ほど鳴らすと調子が出てきて、1時間程経つと音に艶が乗ってくる。バッテリー駆動のデジタル機器なのに真空管みたいで面白い。

とにかく、ハイレゾ音源を Onkyo HF Player で再生し iFI nano iDSD でデジアナ変換して鳴らした音には、久しぶりに感動した。特にベースの低音弦やドラムの音がビビッドなのに感動。微細なタッチまでよく「見える」。

ハイハットシンバルのような金属の響きもとても綺麗で、音の立ち上がりも鋭い。

ただ色々な音が聞こえすぎる反動でCDの分かり易さは後退した感じもする。細かいところに神経が行ってしまって、主旋律に集中しにくい感じ、とも言えるかも?

どちらが良いかは好みの問題かもしれないが、おいらは断然ハイレゾ。

ただ、録音の状態もCDよりはっきり見えるように感じる。マルチトラック録音でミックスしたような音源には辛いかもしれない。これはアナログ時代にあった事で、音源の良し悪しがはっきり見えてしまうのだ。

2枚のアルバムで比較すると、DSDの Holly Cole は本当に滑らかな音で、デジタルっぽさを殆ど感じない。目の前で Holly Cole が立って歌っているように見える。ただし、バンドの楽器の大きさが小さく聞こえる曲が多かった。イメージで言うと、シャガールの絵のような感じ、と言ったら伝わるだろうか。マルチトラック録音なのかもしれない。Holly Cole のアルバムは旧作もリリースされているが、ぜひ「Temptations」を出して欲しい。個人的にはこのアルバムが演奏も録音もベストだと思っている。

「メモリーズ・オブ・ビル・エヴァンス」は切れ味抜群で圧巻の演奏と録音。これぞハイレゾという感じ。ただし、スピーカーからある程度距離をとって聞かないと演奏空間の広さが再現されない。スピーカー間の距離と聴取距離がはまると、目の前にスタジオが広がる感覚を味わえる。ハイレゾらしさを体験するには、これはお勧め!

Onkyo HF Player のハイレゾ対応代の 1,000円 + nano iDSD 代 26,000円前後の3万円弱の追加投資でこんなビビッドな音楽を楽しめるとは。。。良い時代になったものだ。

続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA