Koss's Diary with Holly

LED小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」レビュー(その6)

[PDA・PSP]2011-10-22

LED小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」の使い勝手も大分飲み込めてきた。今日はXBOX 360 + KINECT に繋いでみた。

いつもは42インチのプラズマに繋いでいるのだが、既存のホームシアター・システムにセット。

▲KINECTをセンタースピーカーの上に置く 原寸写真

KINECTの場合立ってプレイするので、プロジェクターの置き位置が問題になる。

▲普通に置くと自分の影が、、、 原寸写真

普通にプロジェクター本体を設置すると、KINECTが人間を認識するエリアと重なるため、プレイする本人と干渉してしまう。

▲ここより高く 原寸写真

プレイする本人と干渉しないようにするためには、NP-L50WJDを出来るだけ天井に近い位置に上げて、天地逆に投写する必要がある。今回は実験のため、ゴミ箱の上に載せた(笑)が、レビューその1で書いたように、監視カメラ用天吊り金具等を工夫して天井に取り付けるか、タンスのようなものがある場合は、その上に載せるのが良いと思う。

▲ゲームも大画面が良い 原寸写真

ゲームが始まると、いつもの倍以上の大きさの画面なので、迫力満点。また、AVアンプのサラウンド音声で再生しているので、周り中から効果音が迫ってきて、段々没入していく。やはりゲームも大画面+サラウンド環境が良い、と再認識。

10数年前、初期のDLPプロジェクターを試した時は、カラー・ブレーキングノイズが盛大に見えたため、単板式DLPプロジェクターは動きの激しいソースの再生には向かないと思っていたのだが、「NP-L50WJD」ではカラー・ブレーキングノイズは全く見えなかった。


次に、画質を好みになるよう調整してみた。

今年の夏、節電のために家中の白熱灯とボール型蛍光灯をLED電球に替えたのだが、電灯色は白昼色より1000円も高かったので、割り切って白昼色にしてしまった。ところが、LEDの白昼色は蛍光灯の白昼色と違い本当に真っ白で、家の中が「2001年宇宙の旅」の宇宙船の中ような白さになってしまった。それと似た傾向がNP-L50WJDの発色にもあるような気がしたため、もう少し暖かみのあるトーンにしたいと思ったのだ。

▲Panasonic TH-AX200 で『銀河ヒッチハイクガイド』を映す 原寸写真

NP-L50WJD で『銀河ヒッチハイクガイド』を映す 原寸写真

TH-AX200より「NP-L50WJD」の方がやや青みがかっているのだが、見方によっては「NP-L50WJD」の方がニュートラルなのかもしれない。iPad2でカラーチャートを表示して見たが、多少青みがかっているようにも感じた。でも、一般のTVでもこの程度の差はあるのが普通なので、直接比較しなければ気にならないレベル。

▲好みのセッティング 原寸写真

NP-L50WJD」の色調調整はどこがどこに影響するのか、少々判りにくかった。ただ、あれこれいじってみた結果、かなり色調を作りこんでいる事を感じた。下手にパラメーターをいじるより、映画を見るなら

  • ピクチャーモードを「ユーザー(これはアドバンストメニューの中でガンマ補正をフィルムにするのと同じ事)」にする
  • 明るさ、コントラスト、シャープネスを若干抑えめにする
  • アドバンストメニューの中の BrilliantColorも少し抑えめする
  • 好みに応じて、色相を暖色寄りに味付けする

くらいで良いように思った。

あれ?と感じたのが、シャープネスやコントラストの調整バーの調整方向。右へ(数値が大きい)方へ動かすと、コントラストやシャープネスが低下するのだ。一般的なUIと逆な気がして、最初違和感を感じた。そういうものだと思えば、慣れの問題なのかもしれないが。


プロジェクターとしての機能は、ほぼテストし終わった感じだ。

後は、内蔵メモリに保存したファイルの再生テストだが、オフィスリーダーに関しては、非常用といった趣だった。PowerPointのファイルを再生してみたが、アニメーションが全く機能せず、1面づつ送られるだけだった。また、画面の収まりもよろしくない。相手に自分の思いを伝えるのがプレゼンテーションの目的とすると、この表示品質ではあまり役に立ちそうもないと思う。

プロジェクター単体で動画等を再生する機能は、量販店等の店頭デモ用を想定したものかもしれないけれど、コンシューマー向けの製品として仕上げるのであれば、やや蛇足のように思う。この機能は省いて値段を下げた方が良いのでは、と感じた。


なお、本体がピアノブラック仕上げのため、触っていると指の脂がついて指紋だらけになる。

▲指紋だらけ 原寸写真

しかし、専用のクリーニングクロスがついており、簡単に綺麗にできるので心配無い。

▲専用クリーニングクロスでピカピカ 原寸写真


NP-L50WJDを自分なりにテストしてきたが、このサイズ・重さ、価格で、ホームシアターにも、プレゼンにも使える、1台何役もこなす賢いプロジェクターである事が良く判ったのだった。

特に、このサイズで HDMI 入力&ハイビジョン品質に対応しているのは、感動ものだ。素晴らしい。

あとはポケットサイズのAVアンプと、それと無線連携する小型スピーカーがそろえば、夢のモバイル・ホームシアターが完成するはずだ。マルチチャンネル対応のAirPlay製品でも良いけど。


追記(2011/10/31)

▲ブロガーインデックスページ 

アイティメディア+D PCUSER のブロガーインデックスページに掲載された。

Create:[2011-10-22 21:01:28] Update:[2011-10-31 21:11:22] [696]

[コメント0件] [トラバ0件] [トラックバック URL→ http://blog.koss.jp/tb_696.rec]

《Prev [LED小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」レビュー(その5)][iPhone 4S au 版と iPhone 4 SoftBank 速度比較] Next》

English

Chinese

Korean

User
Password

 2013年 5月 
            1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031    

Ask me
Registration
RSS

WinNT上のSafariでちゃんとご覧頂けていますでしょうか?

当サイトは Firefox をメインターゲットとして作成されています。