LED小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」レビュー(その6)

このエントリーは、以前のブログで2011年に書いたものを移植。いまだにGoogle経由で来る方が多いので。。。

以下、転載。


LED小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」の使い勝手も大分飲み込めてきた。今日はXBOX 360 + KINECT に繋いでみた。

いつもは42インチのプラズマに繋いでいるのだが、既存のホームシアター・システムにセット。

▲KINECTをセンタースピーカーの上に置く 原寸写真

KINECTの場合立ってプレイするので、プロジェクターの置き位置が問題になる。

▲普通に置くと自分の影が、、、 原寸写真

普通にプロジェクター本体を設置すると、KINECTが人間を認識するエリアと重なるため、プレイする本人と干渉してしまう。

▲ここより高く 原寸写真

プレイする本人と干渉しないようにするためには、NP-L50WJDを出来るだけ天井に近い位置に上げて、天地逆に投写する必要がある。今回は実験のため、ゴミ箱の上に載せた(笑)が、レビューその1で書いたように、監視カメラ用天吊り金具等を工夫して天井に取り付けるか、タンスのようなものがある場合は、その上に載せるのが良いと思う。

▲ゲームも大画面が良い 原寸写真

ゲームが始まると、いつもの倍以上の大きさの画面なので、迫力満点。また、AVアンプのサラウンド音声で再生しているので、周り中から効果音が迫ってきて、段々没入していく。やはりゲームも大画面+サラウンド環境が良い、と再認識。

10数年前、初期のDLPプロジェクターを試した時は、カラー・ブレーキングノイズが盛大に見えたため、単板式DLPプロジェクターは動きの激しいソースの再生には向かないと思っていたのだが、「NP-L50WJD」ではカラー・ブレーキングノイズは全く見えなかった。


次に、画質を好みになるよう調整してみた。

今年の夏、節電のために家中の白熱灯とボール型蛍光灯をLED電球に替えたのだが、電灯色は白昼色より1000円も高かったので、割り切って白昼色にしてしまった。ところが、LEDの白昼色は蛍光灯の白昼色と違い本当に真っ白で、家の中が「2001年宇宙の旅」の宇宙船の中ような白さになってしまった。それと似た傾向がNP-L50WJDの発色にもあるような気がしたため、もう少し暖かみのあるトーンにしたいと思ったのだ。

▲Panasonic TH-AX200 で『銀河ヒッチハイクガイド』を映す 原寸写真

NP-L50WJD で『銀河ヒッチハイクガイド』を映す 原寸写真

TH-AX200より「NP-L50WJD」の方がやや青みがかっているのだが、見方によっては「NP-L50WJD」の方がニュートラルなのかもしれない。iPad2でカラーチャートを表示して見たが、多少青みがかっているようにも感じた。でも、一般のTVでもこの程度の差はあるのが普通なので、直接比較しなければ気にならないレベル。

▲好みのセッティング 原寸写真

NP-L50WJD」の色調調整はどこがどこに影響するのか、少々判りにくかった。ただ、あれこれいじってみた結果、かなり色調を作りこんでいる事を感じた。下手にパラメーターをいじるより、映画を見るなら

  • ピクチャーモードを「ユーザー(これはアドバンストメニューの中でガンマ補正をフィルムにするのと同じ事)」にする
  • 明るさ、コントラスト、シャープネスを若干抑えめにする
  • アドバンストメニューの中の BrilliantColorも少し抑えめする
  • 好みに応じて、色相を暖色寄りに味付けする

くらいで良いように思った。

あれ?と感じたのが、シャープネスやコントラストの調整バーの調整方向。右へ(数値が大きい)方へ動かすと、コントラストやシャープネスが低下するのだ。一般的なUIと逆な気がして、最初違和感を感じた。そういうものだと思えば、慣れの問題なのかもしれないが。


プロジェクターとしての機能は、ほぼテストし終わった感じだ。

後は、内蔵メモリに保存したファイルの再生テストだが、オフィスリーダーに関しては、非常用といった趣だった。PowerPointのファイルを再生してみたが、アニメーションが全く機能せず、1面づつ送られるだけだった。また、画面の収まりもよろしくない。相手に自分の思いを伝えるのがプレゼンテーションの目的とすると、この表示品質ではあまり役に立ちそうもないと思う。

プロジェクター単体で動画等を再生する機能は、量販店等の店頭デモ用を想定したものかもしれないけれど、コンシューマー向けの製品として仕上げるのであれば、やや蛇足のように思う。この機能は省いて値段を下げた方が良いのでは、と感じた。


なお、本体がピアノブラック仕上げのため、触っていると指の脂がついて指紋だらけになる。

▲指紋だらけ 原寸写真

しかし、専用のクリーニングクロスがついており、簡単に綺麗にできるので心配無い。

▲専用クリーニングクロスでピカピカ 原寸写真


NP-L50WJDを自分なりにテストしてきたが、このサイズ・重さ、価格で、ホームシアターにも、プレゼンにも使える、1台何役もこなす賢いプロジェクターである事が良く判ったのだった。

特に、このサイズで HDMI 入力&ハイビジョン品質に対応しているのは、感動ものだ。素晴らしい。

あとはポケットサイズのAVアンプと、それと無線連携する小型スピーカーがそろえば、夢のモバイル・ホームシアターが完成するはずだ。マルチチャンネル対応のAirPlay製品でも良いけど。


追記(2011/10/31)

▲ブロガーインデックスページ 

アイティメディア+D PCUSER のブロガーインデックスページに掲載された。

LED小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」レビュー(その5)

このエントリーは、以前のブログで2011年に書いたものを移植。いまだにGoogle経由で来る方が多いので。。。

以下、転載。


LED小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」を色々試してきたが、現時点での理想的なモバイルホームシアターセットを考えてみる。

ポータブルBlu-rayプレーヤーを持っているのであれば、Blu-rayプレーヤー+「NP-L50WJD」の組み合わせが一番素直だろう。しかし、今現在ポータブル Blu-rayプレーヤーを持っていないのであれば、これから買うのはあまり得策ではないように思う(販売されている製品もどんどん減っている)。高画質の動画配信サービスが普通になる日がすぐそこに迫っているからだ。

手持ちの環境の中では、iPad2+「NP-L50WJD」が最も便利なモバイルホームシアターセットになる。(手元にある範囲では、Android 3.0 の LG Optimous Pad L-06C は、対応している動画サービスが少なく、イマイチだ。)

iPad2 と 「NP-L50WJD」の接続方法は、HDMI と アナログ(D-sub)の2種類ある。どちらが良いかをチェックしてみた。

画質は HDMI の方が良い。ただし、音声の取り回しに課題がある。

AVアンプを使うのであれば、iPad2→AVアンプ→「NP-L50WJD」とそれぞれHDMIケーブルでつなぐだけなので、至極簡単。

但し、AVアンプが無い場合は、音声は「NP-L50WJD」内蔵のオマケのようなスピーカーから鳴るだけになる。これではホームシアターにならない。


今はまだHDMI対応のリーズナブルな小型AVアンプが市販されていないので、モバイルホームシアター構成を考えるために、あえてAVアンプを使わないセットを考えてみる。

Apple 純正の動画再生ソフト「ビデオ(iOS5)」では、音声の出力先をフレキシブルに変えられる。例えば、映像はHDMIに出力しながら、音声は Bluetooth 等に出力できるのだ。HDMIの仕様を考えると、素晴らしい機能性だと思う。

▲映像はHDMI、音声はBluetooth 原寸写真

なお、現在持っている Belkin bluetooth music receiver はアナログ音声しか出力できないが、CHORDのBluetooth対応USB DAC「Chordette Gem」を使えばデジタル信号も取り出せる(マルチチャンネルになるかどうかはテストしてないので不明)。

その2で書いた「hulu」(のようなサードパーティーアプリの多く)は、音声出力先を指定できない。そのため、アナログ D-subで映像を出力し、Bluetooth で音声を送信してアンプで鳴らす(写真は判りやすいように小型スピーカーにしている)のが現実的な対応と思う。

▲映像はD-sub、音声はBluetooth 原寸写真

HDMIは映像も音声も同じケーブルで送れるので便利なのだが、分離するのが難しいのが逆に困りものになる場合もあるのだ。

もちろん、色々探すと、Gefen HDMI to DVI/Audio変換機 EXT-HDMI-2-DVIAUDのように映像と音声信号を分離するコンバータもあるようだ。これを使えば、1本のHDMIケーブルからDVI信号とデジタルオーディオ信号(TosLink)を取り出せるようなので、これに小型DAコンバータとアクティブスピーカー等を繋げるのが、携帯性と音質の面で最強の組み合わせになるのかもしれないが、そこまでするのも、どうかと思ったり(笑)。

ここまでは何を書いているのか判りにくいので(笑)、整理すると、

  1. Apple純正のビデオプレーヤーのように音声出力先をコントロールできるアプリの場合は、映像はHDMIで出力、音声は Bluetooth/AirPlay(WiFi)でデジタルワイヤレス送信し、ステレオ再生。
  2. huluのようにHDMI接続時に音声出力先をコントロールできないアプリの場合は、映像はアナログ D-sub で出力すると、音声の出力方法がフレキシブルになって良い。

という事になる。

などと考えているうちに、気が付いた。「NP-L50WJD」にデジタルの音声出力機能が付いていれば最強なのでは?と。HDMI入力したデジタル信号から音声信号を取り出してスピーカーを鳴らしているという事は、既に内部で音声信号も扱っているので、大きなコストアップにならずに、そのような事も出来るのでは?

という訳で、「NP-L50WJD」次期バージョンへの要望。

  1. 音声信号出力端子(デジタル)を付けてください。マルチトラック信号もそのまま取りだせると、史上最強のモバイルプロジェクターになると思います。さらに AirPlay対応だと何も言う事無し。
  2. 付属のケーブル類が太くて固くごついので、軽くて小さい本体に似合う、細くてしなやかなものにして頂けると、さらに最高のモバイルプロジェクターに!

▲ちょっとゴツイ付属のケーブル類 原寸写真

常日頃、色々な機器類を持ち歩いているため(iPhone4、iPad2、GalaxyS2、PocketWifi等)付属の携行ケーブル類も多く、出来るだけ細くて短く軽いケーブルを探しては1gでも軽くなるように努力している。そのため、太くて固く重いケーブルを見ると目まいがしそうになるのだ。

特に電源ケーブルは、安全基準等の制約でこれだけ太いものになっているのかもしれないが、もっと細く柔らかいものにして頂けると、本体の小ささが一層引き立つと思うのだ。

最後は要望となってしまったが、使い勝手も画質も良い、現時点で最強のモバイルホームシアター用プロジェクターではないだろうか。


▲Keynote でプレゼンも 原寸写真

そして、iOS版の Keynote で、身軽にどこでもプレゼンもOK!

これだけの画質のプロジェクターがこんなに小さく軽くなるなんて、10年前は想像できなかったです。素晴らしい!


追記(2011/10/31)

▲ブロガーインデックスページ 

アイティメディア+D PCUSER のブロガーインデックスページに掲載された。

LED小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」レビュー(その4)

このエントリーは、以前のブログで2011年に書いたものを移植。いまだにGoogle経由で来る方が多いので。。。

以下、転載。


NP-L50WJDのプレゼンテーション用途での使い勝手を検証してみた。

NP-L50WJDEPSON EB-1750 原寸写真

親ガメになっている EPSON EB-1750 は XGA 3LCDタイプの一般的なモバイルデータプロジェクター。これでも随分小さくなったと思っていたのだが、NP-L50WJDはさらに小さく軽い。

まずは、実際のプレゼン現場を想定して、ある程度明るい部屋で両者を見比べるという NP-L50WJDにとっては過酷なテスト。撮影はマニュアル露出とし、露出値を揃えている。

▲MacBookAirの画面を EPSON EB-1750 で投写 原寸写真

▲MacBookAirの画面を NEC NP-L50WJD で投写 原寸写真

有効光束が NP-L50WDJ の 500lm に対し EB-1750は 2600lm もあるので明るさに差が出るのは当然だけれど、肉眼で見る印象は、この写真程の差は感じなかった。肉眼は天然の露出補正が効くためだと思う。

▲部屋を暗くした場合の例 原寸写真

部屋を暗くすれば、このくらいはっきり映るのだ。


▲NEC NP-L50WJD のノイズレベル 原寸写真

▲EB-1750 のノイズレベル 原寸写真

iPhoneアプリのサウンドチェッカーなので精度の程は?だが、NP-L50WJD の方がファンのノイズはずっと静かだ。


次にUSB接続によるディスプレー出力をチェック。

▲ThinkPad X201s からUSB接続で画面出力 原寸写真

▲ThinkPad X201s からアナログ(D-sub)接続で画面出力 原寸写真

最近のプロジェクターで流行りつつあるUSB接続による画面出力機能は、あまり期待していなかった。EPSON EB-1750 のUSB出力は画面の動作があまりに遅く、パワポのアニメ表示ですら使い物にならないと封印していたからだ。

ところが、NP-L50WJD のUSB出力ではそのような事がなく、マウスの動きにもキビキビとカーソルが追従するので驚いた。画面のプロポーションが4:3になってしまうようだが、パワポの再生用表示は4:3が基本なので、ビジネス用途では問題無い。

そうすると、ThinkPad→USB接続、MacBook Air→D-Sub接続、iPad2/OptimousPad→HDMI接続と3本同時接続しておき、リモコンで切り替えるという環境が簡単に出来てしまう訳だ。

EPSON EB-1750 には HDMI入力が無く、USB接続も使い物にならない事を考えると、NP-L50WJD は小さいだけでなく、多芸で出来る奴でもあった、という事が判ってくるのであった。

続く


追記(2011/10/31)

▲ブロガーインデックスページ 

アイティメディア+D PCUSER のブロガーインデックスページに掲載された。

LED小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」レビュー(その3)

このエントリーは、以前のブログで2011年に書いたものを移植。いまだにGoogle経由で来る方が多いので。。。

以下、転載。


自分なりに、ホームシアター用途で使う場合の「NP-L50WJD」のセッティングを試してみた。

▲映像調整メニュー 原寸写真

映像調整メニューでは、ピクチャーモードが一番簡単に効果が判る。「Adobe RGB」にすると、写真の微妙な色合いがかなり忠実に再現されるようになる。iPad2の壁紙の海の色も大きく変わるのが判る。ただし、コントラストが低下してやや軟調化するようなので、映画を見るには、他のモードにした方が楽しめる。

またピクチャーモードは、アドバンストメニューの中のガンマ補正と連動している。ピクチャーモードを「Adobe RGB」にすると、ガンマ補正は「グラフィック」に固定される。逆にガンマ補正を「フィルム」にするとピクチャーモードは「ユーザー」に自動で変わる。この関係が最初飲み込めず、どうして設定内容が勝手に変わるのか悩んだ。

判り易くメニュー化する事と、設定の自由度を上げる事のバランスで悩んだ痕跡かもしれない。

▲スクリーン調整メニュー 原寸写真

スクリーン調整メニューでいじるのは、まずオーバースキャン。初期値では2になっているが、これだとiPadのメニューなどが蹴られてしまうので、0にしておいた方が良い。但し、hulu を楽しむなら最大の3がベター。

また、自動台形補正が初期値ではオフになっているが、天井に写さないのであればオンにしておいた方が使いやすいと思う。
天井に写す場合はオフにしておかないと、目一杯台形補正が掛ってしまうので、困る事になる。

▲設定メニュー 原寸写真

設定メニューでは、ホームシアター用途にプロジェクターのスピーカーは使わないので、消音か音量を0にしておいた方がベター。

逆さに置いて投写する場合は、「投写方法」のメニューの中で「上下反転/フロント」を選択する。左右反転モードもあるので、背面映写も可能。

▲オプションメニュー 原寸写真

オプションメニューで是非設定しておきたいものとして、ホームシアター用途の場合は「エコモード」だ。エコモードをオンにすると、明るさを50%下げて、消費電力を20%下げるだけでなく、冷却ファンが非常に静かになるのだ。ホームシアターは大抵部屋を暗くして楽しむものなので、エコモードがベター。もちろんプレゼン等で昼間使う場合は、エコモードはオフ。

なお、ファンモードには変わった注意点が書かれている。標高760m以上の場所で使用する場合は必ず「高速」に設定するのだそうだ。という事は、軽井沢のような標高1000mクラスの場所で使う場合は「高速」にしなければ寿命が縮むという事だ。ふーむ。


まだ初日なので、これから色々と設定をいじっていく予定。

▲最強の組み合わせ? 原寸写真

iPad2 + NP-L50WJD はモバイルホームシアターセットとして最強のような気がする。

続く


追記(2011/10/31)

▲ブロガーインデックスページ 

アイティメディア+D PCUSER のブロガーインデックスページに掲載された。

LED小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」レビュー(その2)

このエントリーは、以前のブログで2011年に書いたものを移植。いまだにGoogle経由で来る方が多いので。。。

以下、転載。


今回「NP-L50WJD」に一番期待していたのは、iPad2の外部ディスプレーとしての使い勝手。

▲三脚にセットした NP-L50WJD 原寸写真

旅行先等で使う場合、三脚にセットして壁に映すような使い方が多くなると思う。昼間撮影した写真を拡大表示したり、動画を再生したりするというイメージ。

▲iPad2の画面をミラーリング表示 原寸写真

iPad2の仕様で、若干額縁付状態になるが、表示画質は良い感じだ。写真表示も中々綺麗だった。

動画は、huluでチェック。先月日本でもサービスが始まった hulu は、主に北米のTVドラマ&ハリウッド映画を月額 1,480円で見放題というオンライン動画配信サービス。しかも、音声はマルチトラックのサラウンド音声対応。

▲huluでは、映画が始まると若干額縁が大きくなる 原寸写真

映画が始まると、若干額縁部分が大きくなるが、投写距離を長くして物理的に拡大すれば問題なし。単焦点レンズをつけたカメラで撮影する際は、トリミングするために自分が前後に動くのと同じ事。ズームに慣れるとつい横着してしまうが、このくらいの努力を惜しんではいけない(笑)。

あるいは、オーバースキャン値を大きく(初期値2→3にする)すると画像が拡大されるので、オーバースキャン+距離を延ばして物理的に拡大の合わせ技でOK。


次に、天井に投写してみる。

▲三脚を出来るだけ床に近付ける 原寸写真

NP-L50WJD」を天井に向けて投写する際、よほど天井の高い家でなければ、距離を稼ぐために床にできるだけ近付けてセットするのがポイント。地べたに這いつくばって撮影する用途に対応できるタイプの三脚は、このようなセッティングが簡単にできるので便利。

▲天井に投写 原寸写真

我が家の天井は白い壁紙だったせいか、結構綺麗に映写できた。hulu の動画もちゃんと楽しめる。ソファやベッドに寝転がって映画を鑑賞できるのは、360度どの角度でも使えてしまう「NP-L50WJD」ならではの楽しみではないだろうか?

良い時代になったものだ。素晴らしい!


続く


追記(2011/10/31)

▲ブロガーインデックスページ 

アイティメディア+D PCUSER のブロガーインデックスページに掲載された。