Onkyo HF Player + iFI nano iDSD でハイレゾ再生したらもっと良い音でびっくり(その3)

iFI nano iDSD をサブのオーディオ・システムにもつないでみた。Flying Mole の CA-S3(超小型プリメインアンプ) に DALI の ZENSOR1 (小型スピーカー)の組み合わせがおいらのサブ・システムになっている。

iFI nano iDSD + Flying Mole CA-S3
iFI nano iDSD + Flying Mole CA-S3

メインシステムで使っているパワーアンプ(DAD-M1)に比べると大人しくて素直な音がする。

DALI ZENSOR1
DALI ZENSOR1

サブの DALI ZENSOR1 は、メインの DALI Royal Scepter と大きさはほぼ同じなのだが、音の傾向は全く違う。DALI ZENSOR1 の方が、良く言えば素直、悪く言えば艶が無い音がする。それでもエージングのお蔭で最初の頃よりは良く鳴るようになってきた。ただ、DALI Royal Scepter で驚いたような、サイズを超えたリアリティーを感じた事は無かった。

サブのオーディオシステムに iFI nano iDSD を繋いでみたところ、今までこの組み合わせでは聞いた事が無いようなリアリティーのある音が出たのにはビックリした。

恐るべし、iFI nano iDSD。このコスト感で、これだけ音質が向上するのであれば、ハイレゾ音源再生は素晴らしいと思う。

DALI ZENSOR1 で鳴らすと良い感じなのは、レゲエとかエフェクターをあまり使わないロック系のライブ音源なので、そのような音楽をハイレゾ音源で聞いてみたい。


ところで、ハイレゾ音源を買うとしたら、どのフォーマットが良いのだろう?

DSDで録音した音源はDSD(DSF)で決まりだと思うのだが、PCM系が難しい。

DSDの画面
DSDの画面

DSD(DSF)のデータを Onkyo HF Player で見ると上のようになって、見やすい。これはファイル内にメタ情報を持てるからだ。

PCM(WAV)の場合
PCM(WAV)の場合

PCM(WAV)の場合、メタ情報等を持てないので、上のようになる。ジャケット写真が無いのはまぁ許せるけど、ファイル名がそのまま曲名になってしまうため、曲名リストにアルバム名部分しか表示されないのだ。これでは選曲できないではないか! アルバム名を外すと(恐らく)アルバムとして認識されなくなるのだろう。困ったものだ。

使い勝手の改善をするにはアレコレ実験君するしかないのだろうと思うが、年のせいか、実験君する気力が起きない(笑)。ソリューション、プリーズ!

気軽に良い音で楽しみたい、というレベルであれば、WAV よりメタ情報を持てる FLAC の方が使いやすいのだろう。次からは余程気合いの入った HiFi 音源でも無い限り、 購入するのは WAV データでは無く FLAC にしておこう。


ハイレゾ関連の訪問者が増えたので、ハイレゾ、HF Player、iFi nano iDSD 関連の記事を別ブログ Hi-Res Fan に系統だててまとめた。興味のある方はどうぞ。